亡くなった人が昆虫に?!

亡くなった人が昆虫に?! ギフテッドと霊能

こんにちは、樽タサクです。

 

不思議なことって色々あります。

 

突き詰めて考えて、実験して検証する。
そうやって真相を明らかにする。
こういうことも重要です。

 

でも、不思議なままにしておくだけでもいいのかも…と思うことだってあります。
今日はそんなお話、
亡くなった人って昆虫になってやって来る?!
です。

 

スポンサーリンク

挨拶まわりのように

身内の命日が近づくとこんなものたちがやってきます。

カナブン
カナブン

一年忌のときはカナブンが大量にやってきました。
マンションの窓や玄関に大量のカナブンがくっついていたり。
部屋前の共同通路に仰向けになってバタつくカナブンがいたり。

 

同じ階に住む小学生が
「ここだけカナブンがいっぱいいる~」

 

と大声で言いながらうちの部屋の前を通り過ぎていきます。
ちょっとしたカナブン御殿

 

カナブン、金運も運んでくれないかな…。

 

一年忌は大量発生のカナブンでしたが、それ以降はせいぜい5、6匹。
相変わらず、うちの部屋前の通路のみカナブンが転がっています。

 

それが命日を過ぎるとパッタリと来なくなります。

 

三年忌を過ぎたあたりでは、家族が外へ出た時に1匹のみブ~ンと2、3回旋回して去っていくようになりました。
毎年同じようにやって来るカナブン。

 

こうなってくると、カナブン = 亡くなった身内 と考えるのが家族にとって自然なこと。

 

カナブンに向かって
「おっ!元気だったか~? 命日忘れてないぞ~」
と声をかける。

 

亡くなった相手に元気だった?って聞くなんて…。

 

傍から見るとアブナイ奴ら ( *´艸`)

 

バージョンチェンジまで覚えた?

七年忌になったとき、カナブンは飛んで来ずにこんなものが代わりにやって来た。

蝶々
蝶々

七年忌にもなると華やかさを身に付ける身内です。

 

スポンサーリンク

亡くなった同級生

小学3年生の夏休みの時、同級生のガキ大将が感電死しました。
とてもいたずら好きな子でした。
いたずらが過ぎて感電死してしまったのです。

 

夏休みが明けて、新学期が始まった時のこと。

 

授業中、亡くなったガキ大将の子の机に昆虫がとまったのです。
(昆虫の種類は覚えていませんが)

 

暫くすると蝶々まで教室へ入ってきて飛び回りました。
その蝶々は、彼と一番仲の良かった男子の肩にとまりました。

 

とても不思議な光景で、クラスメイト皆が
「(亡くなった)●●●が来ている!」
と言ってちょっとした騒ぎになりました。

 

ガキ大将はお別れを言いにやって来たのでしょうかねぇ~?

 

たった二人のことだけど

私の周りで亡くなった二人のエピソードだけで
『死者の使い = 昆虫 』
とか
『 亡くなった人って昆虫なってやって来る! 』
とは断言できません

 

でも、そう考えるだけでなんだか心が温かくなる感じがします。
死の受け止め方って色々ありますが、見えない何かとのつながりを感じるだけでも、残された者の癒しになるのかなと思います。

 

それでは
また、次回 ヾ(´∀`)

タイトルとURLをコピーしました