沖縄の聖地へ:黄金山に登らされる

沖縄の聖地へ:黄金山に登らされる 自分の取説を作る

こんにちは、樽タサクです。

先日、沖縄本島北部にある黄金山へ登りました、というか登らされた。
黄金山と書いて、くがにやまと読むそうな。

 

どうやら、聖地らしいです。
私にはそれぐらいの知識しかありません。

 

この記事を書き始めたら、窓のところに鳥がとまって、うるさいぐらい鳴いています。
スピリチュアルが好きな方は、お好きなようにこの状況を解釈してください。

 

スポンサーリンク

特に興味はないのに聖地へ

偶然、知人と沖縄で再会しました。
その人はいわゆる霊能力者です。
ここではFさんとしておきます。

 

そのときに言われたのが、

タサクさん、なんだかあなたも黄金山行けそうだ。行ってみない?

タサク
タサク

は??? 私にアウトドアアクティビティをさせるのか? えーーーヤダ、 わしゃ虚弱だ、無理無理無理


私は全力で拒否しました。

 

がしかし、私の連れがなぜか乗り気になり、無理やり黄金山に行くことに…。
私の拒否権は見事に却下。
抵抗するのも消耗するので、後々の消耗具合と天秤にかけて受け入れることにしました。
ひとまず、連れの意見を受け入れると、後々有利に物事を進められるはず…という腹黒さです。

 

このような経緯で、黄金山へ行くことになったのです。

 

 

 

Fさんと知り合ったそもそものきっかけ

よく通っていた喫茶店の客同士ということで、Fさんとは知り合いました。
霊能力でのカウンセリングをFさんから受けたことはありません。

 

Fさんとは、攻殻機動隊の話や石の話で盛り上がったり、といろんな話ができたので意気投合しました。
なので、知り合ったFさんがたまたま霊能力者だったという感じです。

 

Fさんと話していて、自分の脳が疲弊する感じがなかったのがよかったのかもしれません。

 

Fさんのカウンセリングは、ネットで調べるとなかなかの料金で、予約が取れないほど。
サロンなどもやっていて、評判も良いらしい。

 

スポンサーリンク

黄金山へ

当日、私の体調はというと、少々不調ぎみ。
Fさん運転のバンに同乗させてもらったので、
「車に乗って、山に登って、おいしいコーヒー飲んで帰ってくるだけだ」
と割り切っていました。

 

アウトドアが苦手ですから、心を無の状態にして、時間が過ぎていくのを待つだけの心境です。
心をフラットにした状態にして行きました。

 

好き嫌いを感じていたら身が持たないですからねぇ。

 

黄金山へ行ったメンバーは、Fさん・Fさんの知人3人・タサク&タサクの連れの計6人。

 

黄金山の登山口を見てビビりました。
ロープや鎖をつたって登っていくのです。
1時間はかからない登山と聞いていたのに…サバイバル感が… Σ( ゚∀)ゲッ!!

 

興味も無かったので、写真も撮っていません。
有名な聖地なので、ネットには写真が多くUPされています。
そちらで登る途中や、山頂画像はお確かめください ○┓ペコ

 

登り始めた時期は、「辛くなったら引き返そう~(^^♪ どうせ私は虚弱さ~」と考えていました。

 

崖、崖そして崖が続く、細い細い道です。
「なんじゃコリャ!落ちたらただじゃ済まないだろっ (;・∀・)ハッ?
と思いながらも進んでいきました。

 

登り始めて暫くたって、Fさんの知人二人が吐き気を感じ、少々休憩することに。

 

ハツラツとした若い健康そうな二人なのですが、Fさんいわく、

ここのエネルギーの強さに当たったせいね


とのこと。

 

私はというと、むしろ元気になって体が軽い ヾ(  ̄▽)ゞ
普段運動をしていないにも関わらず、どんどん登っていける状態。

 

二人の体調回復を待って、再び登り始めました。
山頂へ到着する手前が一番の難関。
壁をよじ登る感じでした。

 

あれはもうロッククライミング。

 

高所恐怖症ぎみなのに、軽くハイ状態の私は躊躇せずにスイスイと登っていってしまいました。

 

そして山頂へ到着! そこで暫くの間過ごすことに。(30分程だったはず)

 

Fさん御一行は、黄金山のエネルギー🌈のすごさを感じているようでした。
このエネルギーはとてもスゴイものらしいく、いろいろなモノ(オーブやらエネルギーの流れやら)が彼らには見えていたらしいです。

 

傍で彼らを見ていると、純粋に喜び感動✨しているようだと思いました。

 

タサク&タサク連れはというと、

タサクよ、虚弱体質に負けずによく登った!感動した!

表彰
タサク
タサク

小泉じゅんちゃんかよ!無理やり連れてきて、何が感動じゃ!!


ってな具合。 聖地でおふざけ…スミマセン 人( ̄ω ̄;) スマヌ

 

天と地とのエネルギーが…とか
光が降り注ぐ…とか
自分が浄化されていく…とか

 

私には、一切分かりませんがただ、
「あれ、なんかここにずっといられる。住んでもいいかも」
と思うくらい。

 

そのことをFさんに伝えたら、

タサクさんのエネルギーに合った場所だからだよ、だからスイスイここまで登れたんだよ。


と言われました。

 

私としては、合うあわないはよくわかりません。
ただただ、違和感がないだけです。

 

住んでもいいかもって思ってはみたものの、コンビニが近くない生活は辛いので下山しました。
(そもそも聖地なので住む場所じゃないし、住んじゃダメでしょ)

 

最後に

嫌いなアウトドアを思いがけずに体験してしまいました。
ついでに体調まで良くなったし、帰りの途中に寄ったヤンバルのカフェのコーヒーもうまかった。

 

嫌いと思っていても、自分と相性がよければ意外とすんなり体が動くものですね。
不思議だ。
これをきっかけに私はアウトドア派へ…

 

とはなりません! (ヾノ・ω・`)ムリムリ

 

しかし、何かを選択し行動するときに自分の好き嫌いではなく、体の動きの良さや違和感のなさを基準にすることもいいかもと思いました。

 

聖地黄金山のエネルギーはよくわかりませんが、自分が今まで感じなかった「上記の基準」が増えたのは御利益みたいなものかな?

 

それでは
また、次回 ヾ(´∀`)

 

タイトルとURLをコピーしました